1. トップ
  2. スタッフブログ
  3. 一般ごみと粗大ごみの違い|大阪で粗大ごみの処分をする方法とは

一般ごみと粗大ごみの違い|大阪で粗大ごみの処分をする方法とは2019年8月22日 6:00

カテゴリ
スタッフブログ
スタッフ

「一般ごみと粗大ごみの違いがわからない。」
「大阪での粗大ごみの処分方法と流れについて教えてほしい。」
大阪にお住まいで、このような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか?
そもそも粗大ごみには明確な定義があるのでしょうか。
そこで、一般ごみと粗大ごみの違いと、大阪市での処分方法についてご紹介します。

□粗大ごみとして処分するもの

粗大ごみとして処分しなくてはならないものは、辺の長さが最も長いところで、30センチメートル以上、または直径が30センチメートルを超えるものです。
あるいは、1メートルを超える棒状のものも粗大ごみに含まれます。

 

□粗大ごみに間違われやすいもの

*資源ごみとなりうる古紙

資源となりうる衣料品や古紙は粗大ごみとして処分できません。
一般的には、資源回収に出します。
しかし、大量の資源ごみが発生する引越しなどのタイミングでは、再生資源事業者に直接依頼する必要があります。

*家電リサイクル法の対象となる家電

特定家庭用機器再商品化法で定められている家電は、粗大ごみとして処分できません。
具体的には、冷蔵庫や冷凍庫、洗濯機や乾燥機、エアコン、テレビなどです。
このような物は自分で運搬しなくてはならないというデメリットがあります。

*処理が難しいもの

ガスボンベや金庫、消化器、ピアノ、ガソリンなどの処分するのが難しいものも、粗大ごみとして処分できません。

□粗大ごみの処分の流れ

*粗大ごみ収集受付センターで申し込む

インターネットで予約が可能です。
予約の際、手数料を確認します。

*料金について

粗大ごみを処分するのに必要な費用は、200円、400円、700円、1,000円に分かれています。
この料金は粗大ごみ一点ごとに必要になってきます。
受付センターで確認した手数料を、コンビニエンスストア、スーパー、郵便局等で支払います。

□一般ごみの処分

*家庭のごみを持ち込む際の流れ

ごみの持ち込み処分は前日までに処理施設に予約をすれば可能です。
大阪市では月曜と土日祝日を除いた日で回収しています。

*一般ごみの処分にかかる費用

自分で予約した工場へ運び、10キログラムごとに90円を支払います。

□不用品回収業者に依頼する

粗大ごみを自分で処分するためには、申し込みから搬出までしなくてはなりません。
家事や子育て、仕事などで時間が無い方は不用品回収業者に依頼するのがおすすめです。
都合の良い日時を指定できますし、数日中に回収してくれます。

□まとめ

以上、一般ごみと粗大ごみの違いと、大阪市での処分方法についてご紹介しました。
この記事を参考に、粗大ごみの処分を考えてみてはいかがでしょうか。
また、粗大ごみの処分について不明な点がありましたら、お気軽にご相談ください。
不用品回収に関するご不明点は「不用品回収」ページをご覧ください。

スタッフ別

  • カテゴリーなし
8月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

女性スタッフ在籍

対応エリア

遺品整理に関するご相談は、今すぐお電話を!0120-452-999[即日対応][土・日・祝OK]受付時間9:00~21:00メールお問合せ

[心の絆、安心の証]当事業所は遺品整理士の有資格者がいます。

遺品整理士認定協会

事件現場特殊清掃センター

不用品回収専門 スター ロゴ

所在地
〒554-0012 大阪府大阪市此花区西九条3-5-10
電話番号
0120-663-776
FAX番号
06-6136-6305
主な事業内容
不用品回収・不用品買取・遺品整理・お引越しの手伝い
古物商認可番号
大阪府公安委員会古物商番号 621080131460
  • 不用品回収は、今すぐお電話を!0120-663-776[即日対応][土・日・祝OK] 24時間365日対応!!
  • 新着情報 不用品回収専門スターの新しい情報はこちら!
    対応エリア
  • [心の絆、安心の証]当事業所は遺品整理士の有資格者がいます。
    遺品整理士認定協会
    事件現場特殊清掃センター
  • 女性スタッフ在籍
0120663776メールお問合せ